上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!また更新期間が空いてしまいましたが、これから少しずつiPhone・ipod Touchの音楽系アプリの紹介をしていこうと思います!
音楽系のアプリは入れてみたけど使い道のわからないものもけっこうあるので、自分用のメモも兼ねてなるべく具体的な使用例を挙げて紹介していく予定です。
まずは管楽器演奏アプリ『Wivi Band』です。

iPhone内蔵マイクかipod Touchの場合はイヤホンに付属したマイクに息を吹きかけることで、トランペット・トロンボーン・ホルン・チューバ、サックス・フルート・クラ・オーボエ・ファゴットなど15種類の楽器の演奏ができてしまうアプリです。(イヤホンマイク作動はTouch第2世代での確認です)
デモはこんな感じ。



音色は本格的なソフト音源「WIVIシリーズ」と同じモデリング技術を使っていてかなりリアル。
ちゃんと息の強弱に対応して音色も変化します。
キーの割り当ても半音ずつ上下1オクターブ以上変更できるので楽器の調に合わせられます。
ちょっと演奏してみました。



なかなか難しいですね。
右手で鍵盤、左手で上下2オクターブの切り替えです。ちょっと鍵盤が小さくて慣れが必要ですが、他の楽器アプリに比べてもかなり実用向きな操作方法だと思います。

音色がリアルな分、音の切れやアタックがけっこう目立ってしまうのでリバーブとかもう少し掛けられるといいんですが(演奏がもっとまともにできる腕があれば必要ないかもしれません…)。

iPhoneならミニフォン端子―フォン端子とかの変換ケーブルを使えばエフェクタ等に出力できますが、私はipod Touchなので外付けマイク+ミニフォン端子のついたものでないと出力できません。

いくつかそういう製品はありますが今はコレ↓(audio-technicaのAT335i)を使ってます。
AT335i BK
クリップの下にある小さな黒い点がマイク部分です。

これを普通のマスクの裏に付けて両側からコードが出た状態で演奏しているんですが、見た目はかなり怪しいです。
本体から吹き口が伸びた鍵盤楽器ということで鍵盤ハーモニカに似てると言えなくもないですが。
スカイプとかに使うヘッドホンマイクに付けたりすれば見た目も良くなるかもしれません。
(ちなみにはじめは上唇を直接はさんでいましたが、痛いのでやめました)

うまく演奏するにはコツや慣れが必要ですが、iPhone・touchが複数あればプロのような音色で金管・木管アンサンブルができてしまいます。ほかの楽器アプリとの合奏もいいですね。
もう少しこのアプリを使って他の曲や1人合奏とかの動画を作ってみようかなと思ってます。




   



スポンサーサイト
お絵描き系アプリ紹介その6、今回は『シンメトリー』を紹介します。
鏡に映したような上下・左右対称のシンメトリー画像が簡単にできてしまうアプリです。

元画像を読み込むと、画面の中心を軸に反転させたシンメトリー画像として表示されます。
フリックで画像がスクロールしていくので、面白い画像ができたらどんどん書き出します。
Sm-1-1.jpg Sm-2 Sm-3.jpg Sm-4.jpg

反転の軸を縦から横(またはその逆)に変えたいときは右から2番目のアイコンを押すか
スライドさせたい方向へ素早くフリックすることで軸の変更が可能です。
Sm-5-1 Sm-5-2.png

さらに左から2番目の「軸の追加」アイコンを押すと、押した時点で表示されている画像を元画像としてシンメトリー画像が作れます。
Sm-6-1.png Sm-6-2.png Sm-6-3.jpg Sm-6-4.jpg
なんか壁画風の画像ができました。

あと書いてて思いついたんですが、『シンメトリー』で上下反転→『OilCanvas』で下半分を油絵風に→『Juxtaposer』で上下画像の合成で、水面に反射したっぽい画像ができますね。
Sm-7.jpg

とりあえずこれでよく使うお絵かき・画像加工系アプリの紹介は一段落という感じです。
前回のコメント欄でも少し触れましたが、iPhoneアプリは機能がある程度限られていることで逆に使い方を工夫するのが面白いですね。
ひとつひとつのアプリもタダだったり有料でもそんなに高くないのも助かります。
次は音楽系のアプリの紹介ができればいいなと思ってます。

ちなみに先日発表されたappleのipadがちょっと気になります。
ipadならたぶん大きな画像も扱えるし、画面も大きいのでお絵かきアプリや音楽・演奏アプリでは
かなり使い心地が変わるんじゃないかと。
ただ値段が高いですよね…。





こんにちは、お絵かき系アプリ紹介その5です。
絵や写真の一部を切り抜いて別の画像に自由に貼り付けられる『Juxtaposer』の紹介です。
このアプリはけっこういろんなことができる感じなので、今回はちょっと詳しく使い方を書いていこうと思います。

たとえば
『Photogene』で加工した背景と切り抜いたキリンの画像を合わせると…
Jp-1-
こうなります。

この写真を…                こうしたり、
JP-2-2.jpg Jp-2.jpg

なんだかよくわからないことになったりします。
Jp-3-1.jpg
(『Juxtaposer』→『Photogene』で加工)

おすすめポイントとしては
  ・再編集できる状態で保存可能(あとから構図とかの変更ができる)
  ・切り抜いた画像だけを保存して別の画像の上に読み込める
  ・一枚の画像の上に複数の切り抜き画像を重ねて貼ったりできる
といったところでしょうか。

使い方とかはこちら(長くなるので畳んでいます)。
   ↓
   ↓
... 続きを読む
お絵かき系アプリ紹介その4です。
直接お絵かきとは関係なくなってきてますが、描いた絵にも使えますよということで今回は2つ紹介します。

まずは指定した1色だけ自由に変えられる『coordinate』です。
変えたい色をタップして好きな色を選びましょう。

たとえばこの人の制服が(↓)が、    こうなります。
cd-1.jpg cd-2.jpg

別アングルから。 
cd-6 cd-5
(撮影場所:姫路城)

ちょっと記事が長いので畳んでみました。暇な方は続きをどうぞ。
... 続きを読む
お絵かき系アプリ紹介その3です。
前回『OilCanvas』の紹介のときにも使った『Photogene』です。

写真や描いた絵の色を後から調整できるアプリなんですが、それ以外にも画像のトリミング、回転、リサイズが可能で、フキダシやフレームを付けたりもできます。

色の調整は結構細かく変更できます。
フィルターはこれだけ。ポスタライズするとこんな感じ。
Pg-1.png Pg-2.png

レベル調整で明るく↓。露出の調整で明るく↓。コントラスト調整も可能です。
Pg-4.png Pg-3-.png

彩度を上げると発色がきつくなり、下げるとモノクロに近くなります。
Pg-5-.png PG-6-.png

色温度で暖色系と寒色系に変わります。
Pg-7.png Pg-8.png

彩度を下げてから色温度を変えると画像全体の色が変わります。
Pg-9.png Pg-10.png

RGBの調整。
Pg-11.png Pg-12.png
Pg-13.png Pg-14.png
などができます。

いくつかの調整を重ねてみたり、さらにフィルターをかけてみたり(コントラストや彩度を上げてからポスタライズしてみるとか)すると思いがけなくかっこいい画像ができるかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。