上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、おひさしぶりです。
ちょっと急に忙しくなってしまって、前回の更新からかなり時間が空いてしまいました…。
頻度はちょっと落ちるかもしれませんがこれからも更新していくんでよろしくお願いします!

今回は読んだマンガの感想、三宅乱丈さんの『ペット リマスターエディション』1~5巻です。

Pet-1.jpg

写真下が「リマスターエディション」。以前スピリッツで連載されていた作品の再単行本化です。
1、2巻のカラーページ再現と全体で200ページくらいの加筆があり、とくに最終5巻の約半分を占める100ページ以上の加筆は圧巻です。

作品名にもなっている「ペット」とは、他人の意識とシンクロして記憶を操作したり、相手の人格そのものを潰したりできる「イメージ」という能力を持った能力者のことです。
「ペット」どうしは主従関係にも近い強い絆で結ばれていて、彼らの所属する中国マフィアはその絆を利用し組織にとって邪魔な者を潰させたり都合よく利用できるよう記憶をすり替えさせたりする「仕事」をペット達にさせています。
彼らは「水」や「ドア」などの「イメージ」を使って他人の記憶に入り込み、その人の感情でグロテスクに歪んだトラウマ的な記憶や、美化された大切な記憶などに立会いそれを改変していきます。

このマンガを読んで圧倒されるのは、ページから溢れてくるような「感情」の描写です。
「ペット」達が目のあたりにする変化・崩壊していく記憶の景色の描写はめまいが起こりそうなくらい魅力的なんですが、それが読み手にとってただのシュールな映像とならないよう、それぞれの置かれた状況・過去・行動の裏付けとなる感情の動きなどが丁寧に描かれ、記憶が持つ強い「感情」が読み手にもダイレクトに伝わるよう絵もセリフもかなり緻密に構成されています。
そのおかげて「ペット」の視点を通じて他人の夢や幻覚を追体験しているような快感があります。

今回の加筆は何重にも伏線の張られた物語をよりスムーズにするための2ページ/4ページの追記・改稿がほとんどで、読み比べて初めて気付くような部分も多いです。物語が進むにつれ明らかになっていく組織と「ペット」、また「ペット」どうしの関係を、物語の流れを止めずに必要な情報を正確に伝えようとする作者の姿勢が加筆部分からも伝わってきます。

そしてラストの100ページ以上の加筆は強い「感情」を帯びたイメージの集大成のようなエピソードが追加されていて、スピリッツ版を持ってる人もとりあえず5巻だけ購入して損はないと思います。
というか、「ペット」を持っててこのエピソードを読まないのはちょっともったいないですよ!


   


スポンサーサイト
イギリスの切り裂きジャック事件を題材にしたアメコミの翻訳版です。
アラン・ム-ア作、エディ・キャンベル画で日本語訳は柳下毅一郎さんです。

フロムヘル


大きいです。
そして厚い。
雑誌サイズで上下巻。ちょっと購入するのをためらってしまう大きさ(と値段)ですが、読んでしまえばそれも納得です。
18世紀末の陰惨なロンドンの街と、被害者・犯人・警察からその家族や友人、上流階級から娼婦まで事件に関わる人たちの生活が執拗に描き込まれています。
 
事件や時代背景をほとんど知らないので結構読むのが大変でしたが、静かに加速していく狂気と入り組んだ人間関係に引き込まれ、読む手は止まりませんでした。
すぐ理解できないとこは飛ばし読みしたり何度も読み返して確認したりだったので、巻末の40ページある気合の入った解説を読み込んでから再読してみようと思ってます。
 
ネットのレビューを見て気になっていたところ、大型書店で平積みされた帯に荒俣先生と黒田硫黄さんのコメントを発見し気付いたら購入してました。もちろん後悔はしてません。
買うときは大きさに負けず、上下巻まとめて購入をオススメします。



2009.12.18 買った雑誌
「フェローズ8」と「シンカン」です。

シンカン

シンカンはネムキで描いてる作家さん中心の読み切りアンソロジー。
伊藤潤二さんはあいかわらずの面白さ。
ちょっと気になってたオガツカヅオさんの読み切りやイシデ電さんの読みごたえのある42ページの読み切りも良かったです。
明日への希望がテーマ(?)のアンソロジーにしてはホラー寄りな気もするんですが、こんな感じで年2回くらい出れくれるとうれしい。

フェローズ8は「冬の恋愛マンガ特集」らしい。いつもと特に変わってないと思うんだけど…。
載ってるマンガが雑多な感じで読むのに数日かかるのもいつも通り…。
でも連載マンガが安定してきたせいか始めと比べると読みやすくなった気が。
ちょうど単行本の続きが読めるくらいだと思うので、気になる作品や作家さんがいたら試しに雑誌のほうを買ってみると思わぬ発見があるかもしれないですね。
なんせ今回は44篇載ってるらしいし。
読んでみよう!フェローズ8!







最近読んだ面白マンガとかを勝手に紹介していこうと思いましたのでさっそく紹介します。
笠辺哲さんの「ももきや」1巻です。

怪しげなアイテムに囲まれた古道具屋の娘と、その店でバイトし始めた同じクラスの少年が巻き起こすドタバタコメディー的なマンガです。
しゃべる猫や動く古代人形(?)が出てきたり、男の子が呪いの仮面をかぶってヤギ顔人間になってしまったりするんですが、出てくる人みんな変態なので異常な展開にもあんまり動じません。
みんなバラバラに自分の世界で生きているようだけど、最後はちょっといい話みたいな読後感になってしまう不思議なマンガでした。
変態に向ける作者さんの視線がとても温かいような気がします。

笠辺哲さんの描く女の人はかわいいですね。
初回なんでちょっと調子に乗ってキャプチャとか貼ってみます

ももきや1


素敵なマンガだと思われた方は買っちゃうといいんじゃないでしょうか。

今気づいたんですけどこの本なんかいい匂いしますね。
学生の頃コミックビームを貸した友人に「この本スゲーいい匂いする」と言われたのを思い出しました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。