上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近友人がiphoneに乗り換えたので、自分の整理も兼ねてアプリ紹介をしていこうと思います。
まずはわりとよく使っている「手書きメモ」系アプリの紹介です。
 
『speedtext』(\230)
横書きの手書きメモアプリ。書いたメモのEメール送信やカメラロールへの保存もできます。
sp 1

画面下の枠に3文字から5文字くらいずつ書いて指を離すと自動的に文字が縮小されて貼りつけられていきます。空白も入れられます。
sp 2

最近のアップデートで入力した文字を選択して線の太さ・色も変更できるようになりました。
sp 3

リスト表示は月ごとにページ分けされて、新しいものから順に表示されます。
sp 4

これは結構見やすいです。月別表示で過去のメモへアクセスするのも楽になりました。
文中に挿入したアイコンの検索もできるので、タグ代わりの後から検索もできます。
他には縦画面/横画面の選択や指を離してから入力決定までの時間などが変更できます。
はじめの頃使いづらいなと思っていた部分がだんだんと改善されていくのがうれしいですね。


『FastFinga』(\115)
文字色、太さ、スペースの間隔、表示サイズなど、細かく設定が変えられる手書きメモです。
ff 1

使い方は以下の通りです。
ff 2

入力スペースをスライドできるので長めの文節もひと続きで入力できます。
ff 3
 〔⇔〕ボタンで「Fast」が左にスライドします。
ff 4

表示サイズを小さくしておけば長めのメモも書けるので、後から追記していきそうな内容のときはこっちを使ってます。
ff 5

iphoneのフリック入力とキーボード入力に慣れなくて、ささっとメモしたいときはだいたい手書きメモを使ってます。
文字データとしてパソコンに取り込めない不便さはあるんですが、普通のメモアプリでメモしてもパソコンに送ることはあんまりなかったので特に気にしてません。
必要のなくなったメモは消して、残ったものは放置or思いついたときにまとめてパソコンへ打込んだりしてます。



もうひとつおまけで『Handwriting Notes(手書きメモ) 』(\230)も紹介します。
手書き文字をテキストデータに変換してくれるメモアプリです。
変換精度は良いです。難しい漢字も大丈夫です。
tm 1
ああっ!大丈夫とか言いつつ「瑕」が変換候補に出てません。「暇」に↑なってます。

↓ちゃんと出るんですよ…。
Hn-2.jpg
すみませんでした…。

残念なのは一文字ずつの変換なので、正直メモとしては使いやすいとはいえないです。
コピペで他のアプリに文字を持てっていけるので便利ではあるんですが。
変換候補の表示・決定の方法をもっと楽にできる工夫や、先に文字を入力してからまとめて変換とかができるとうれしいです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nanohanazouen.blog111.fc2.com/tb.php/17-edc0b56a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。