上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、お絵かき系アプリ紹介その5です。
絵や写真の一部を切り抜いて別の画像に自由に貼り付けられる『Juxtaposer』の紹介です。
このアプリはけっこういろんなことができる感じなので、今回はちょっと詳しく使い方を書いていこうと思います。

たとえば
『Photogene』で加工した背景と切り抜いたキリンの画像を合わせると…
Jp-1-
こうなります。

この写真を…                こうしたり、
JP-2-2.jpg Jp-2.jpg

なんだかよくわからないことになったりします。
Jp-3-1.jpg
(『Juxtaposer』→『Photogene』で加工)

おすすめポイントとしては
  ・再編集できる状態で保存可能(あとから構図とかの変更ができる)
  ・切り抜いた画像だけを保存して別の画像の上に読み込める
  ・一枚の画像の上に複数の切り抜き画像を重ねて貼ったりできる
といったところでしょうか。

使い方とかはこちら(長くなるので畳んでいます)。
   ↓
   ↓
まずは「Start new session」から背景画像と切り抜く画像を決定。
次にペン先(エッジのソフト・ハード/半透明)を選び画像を切り抜いていきます。
Jp-5.png Jp-5-5.png
必要な部分を消してしまったときは右下の「Unerase」を押してから画像をなぞると消えた部分が戻ります。アンドゥでも戻せます。

なぜかペンサイズが変更できないので細かい部分は画像の拡大で対応。
それでも上手く消せない鋭角の部分は消してから「Unerase」で必要な部分だけ戻すという方法で対処してます。
Jp-6.png Jp6-2.png Jp6-3.png

切り抜いたら構図を決めて「Save image」で書き出し。
Jp-7-.png Jp-7-2.png Jp-7-3.png
書き出した後も編集可能なので連続写真風の効果とかも出せます。


「Save session」は背景画像と切り抜き画像のセットで再編集が可能な状態で保存。
「Save stamp」は切り抜いた画像だけが保存されて別の画像の上に貼り付け可能になります。
Jp-8.png   Jp-8-2.png

保存したスタンプはいくつでも重ねていけますが、移動や再編集ができるのは新しく貼り付けた一番手前の画像だけです。アンドゥでやり直しはできますが新しく画像を貼り付ける前にはしっかり構図などを確認しておくといいと思います。

その他小技として、
メニューから「Add or replace image」→「Reeplace base image」で背景画像を変更できます。
背景画像と切り抜く画像が似てて切り抜きにくいときは、別の見分けやすい画像の上で切り抜いておいて後から背景だけ交換するという方法もできます。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nanohanazouen.blog111.fc2.com/tb.php/33-18e73e88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。