上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お絵描き系アプリ紹介その6、今回は『シンメトリー』を紹介します。
鏡に映したような上下・左右対称のシンメトリー画像が簡単にできてしまうアプリです。

元画像を読み込むと、画面の中心を軸に反転させたシンメトリー画像として表示されます。
フリックで画像がスクロールしていくので、面白い画像ができたらどんどん書き出します。
Sm-1-1.jpg Sm-2 Sm-3.jpg Sm-4.jpg

反転の軸を縦から横(またはその逆)に変えたいときは右から2番目のアイコンを押すか
スライドさせたい方向へ素早くフリックすることで軸の変更が可能です。
Sm-5-1 Sm-5-2.png

さらに左から2番目の「軸の追加」アイコンを押すと、押した時点で表示されている画像を元画像としてシンメトリー画像が作れます。
Sm-6-1.png Sm-6-2.png Sm-6-3.jpg Sm-6-4.jpg
なんか壁画風の画像ができました。

あと書いてて思いついたんですが、『シンメトリー』で上下反転→『OilCanvas』で下半分を油絵風に→『Juxtaposer』で上下画像の合成で、水面に反射したっぽい画像ができますね。
Sm-7.jpg

とりあえずこれでよく使うお絵かき・画像加工系アプリの紹介は一段落という感じです。
前回のコメント欄でも少し触れましたが、iPhoneアプリは機能がある程度限られていることで逆に使い方を工夫するのが面白いですね。
ひとつひとつのアプリもタダだったり有料でもそんなに高くないのも助かります。
次は音楽系のアプリの紹介ができればいいなと思ってます。

ちなみに先日発表されたappleのipadがちょっと気になります。
ipadならたぶん大きな画像も扱えるし、画面も大きいのでお絵かきアプリや音楽・演奏アプリでは
かなり使い心地が変わるんじゃないかと。
ただ値段が高いですよね…。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nanohanazouen.blog111.fc2.com/tb.php/35-4a3c66b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。