上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは!また更新期間が空いてしまいましたが、これから少しずつiPhone・ipod Touchの音楽系アプリの紹介をしていこうと思います!
音楽系のアプリは入れてみたけど使い道のわからないものもけっこうあるので、自分用のメモも兼ねてなるべく具体的な使用例を挙げて紹介していく予定です。
まずは管楽器演奏アプリ『Wivi Band』です。

iPhone内蔵マイクかipod Touchの場合はイヤホンに付属したマイクに息を吹きかけることで、トランペット・トロンボーン・ホルン・チューバ、サックス・フルート・クラ・オーボエ・ファゴットなど15種類の楽器の演奏ができてしまうアプリです。(イヤホンマイク作動はTouch第2世代での確認です)
デモはこんな感じ。



音色は本格的なソフト音源「WIVIシリーズ」と同じモデリング技術を使っていてかなりリアル。
ちゃんと息の強弱に対応して音色も変化します。
キーの割り当ても半音ずつ上下1オクターブ以上変更できるので楽器の調に合わせられます。
ちょっと演奏してみました。



なかなか難しいですね。
右手で鍵盤、左手で上下2オクターブの切り替えです。ちょっと鍵盤が小さくて慣れが必要ですが、他の楽器アプリに比べてもかなり実用向きな操作方法だと思います。

音色がリアルな分、音の切れやアタックがけっこう目立ってしまうのでリバーブとかもう少し掛けられるといいんですが(演奏がもっとまともにできる腕があれば必要ないかもしれません…)。

iPhoneならミニフォン端子―フォン端子とかの変換ケーブルを使えばエフェクタ等に出力できますが、私はipod Touchなので外付けマイク+ミニフォン端子のついたものでないと出力できません。

いくつかそういう製品はありますが今はコレ↓(audio-technicaのAT335i)を使ってます。
AT335i BK
クリップの下にある小さな黒い点がマイク部分です。

これを普通のマスクの裏に付けて両側からコードが出た状態で演奏しているんですが、見た目はかなり怪しいです。
本体から吹き口が伸びた鍵盤楽器ということで鍵盤ハーモニカに似てると言えなくもないですが。
スカイプとかに使うヘッドホンマイクに付けたりすれば見た目も良くなるかもしれません。
(ちなみにはじめは上唇を直接はさんでいましたが、痛いのでやめました)

うまく演奏するにはコツや慣れが必要ですが、iPhone・touchが複数あればプロのような音色で金管・木管アンサンブルができてしまいます。ほかの楽器アプリとの合奏もいいですね。
もう少しこのアプリを使って他の曲や1人合奏とかの動画を作ってみようかなと思ってます。




   



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nanohanazouen.blog111.fc2.com/tb.php/37-6cc1ba4c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。